1. 戦場で組み打ちの際、鎧を通して相手を刺すために用いた分厚くて鋭利な短剣。反りがほとんどなく長さ9寸5分(約29センチ)。馬手差 (めてざ) し。

  1. 鏃 (やじり) の一。太く鋭いもの。

[日本史/その他の日本史の言葉]カテゴリの言葉