【お知らせ】メンテナンスのため、2024年6月25日(火) 10:00~14:00(予定)は「ブックマーク機能」と「難読漢字遊戯」がご利用いただけません。
あらかじめご了承ください。

[動ア下一][文]さ・ふ[ハ下二]
  1. さまたげる。じゃまする。

    1. 「恋は到底痴 (おろか) なもの、少し—・えられると、直ぐ死にたき思いになる」〈左千夫・春の潮〉

  1. (多く「気にさえる」の形で)気にさわる。

    1. 何卒 (どうぞ) お気に—・えなされず」〈木下尚江良人の自白

  1. さわる。ふれる。

    1. 「折々手を—・へ袖を動かしけるに」〈浮・栄花一代男・二〉

出典:青空文庫

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。