1. ユキノシタ科の多年草。湿った所に生える。全体に毛があり、茎は紅紫色で地をはい、節から小苗を出して増える。葉は多肉質の腎臓形で、長い柄があり、裏面は暗赤色。夏、20~50センチの花茎を伸ばし、白い花をまばらにつける。花びらは5枚あり、下の2枚が長い。葉を腫 (は) れ物の民間薬にし、食用にもする。虎耳草 (こじそう) 。 夏》「手ふきただ垂れて狭庭 (さには) や―/石鼎」

  1. 雪の下紅梅」の略。

[生物/植物名]カテゴリの言葉

[生活/ファッション]カテゴリの言葉

[夏/植物]の季語

出典:青空文庫