• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

狂言。祇園会山鉾 (やまぼこ) に、鬼が罪人を責める場面を出すことになり、くじで役割を決めるが、鬼を引いた太郎冠者が罪人役の主人をたたく。