• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. ワニ目の爬虫 (はちゅう) 類の総称。大形のものは全長7メートルに達し、胴がやや平たく、尾が強大。体表は硬い鱗板 (りんばん) で覆われ、吻 (ふん) は長く伸び、大きく鋭い歯が並ぶ。瞳孔は縦長。水中生活にも適応し、鼻孔・目・耳だけを水面上に出して獲物を待ち伏せる。肉食性。アリゲータークロコダイルガビアルなど。皮を皮革製品に用いる。

  1. サメの古名。

    1. 「海の―を欺きて言ひしく」〈・上〉