部首
(たけ・たけかんむり)
画数
18(部首内画数:12)
種別
常用漢字教育漢字
漢検の級
5級
音読み
カン [外]ケン
訓読み
[外]ふだえら

意味

①文字をしるした木や竹のふだ。転じて、書物・手紙・文書。「簡策」「簡書」「木簡」 ②てがるな。おおまかな。「簡易」「簡素」「簡単」 ③つつましい。つづましい。つづまやか。「倹簡」 ④えらぶ。よりわける。「簡択」「簡抜」「簡練」 [類]揀(カン)

書きかえ

①手紙の意では、「翰(カン)」の書きかえ字。

簡の解説 - 小学館 大辞泉

[音]カン(漢) ケン(呉) [訓]ふだ てがみ はぶく えらぶ

学習漢字]6年

〈カン〉
  1. 昔、文字を書くのに用いた竹や木のふだ。「錯簡残簡断簡竹簡木簡

  1. 手紙。「貴簡手簡書簡来簡

  1. 余計な部分をはぶいてある。手を抜いてある。「簡易簡潔簡素簡単簡便簡明簡要簡略繁簡

  1. よしあしをより分ける。「簡閲簡抜

〈ケン〉あれこれ思いはかる。「料簡了簡

[名のり]あきら・ひろ・ふみ・やすし