イワンの解説 - 小学館 大辞泉

(1世)[?~1340]キプチャク‐ハン国支配時代のロシアのモスクワ公、ウラジーミル大公。在位1325~1340。ハン国に取り入り、多くの新領土をモスクワ公国に加えた。
(3世)[1440~1505]モスクワ大公。在位1462~1505。ロシア全土をほぼ統一。ロシア法典を編纂し、初めて「ツァーリ」の称号を用いた。イワン大帝。
(4世)[1530~1584]初代ロシア皇帝。在位1533~1584。の孫。君主専制権を強化し、周辺地の征服を宿願とした。外国から学者や技術者を招き、モスクワに初めて印刷所を設けるなど文化的業績も多い。残忍・狂暴なところから、イワン雷帝ともいわれる。

出典:青空文庫