• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

インノケンティウスの解説 - 小学館 大辞泉

ローマ教皇の名。イノセント。インノセント。

(3世)[1160~1216]第176代教皇。在位1198~1216。第四次十字軍は失敗したが、「キリストの代理者」と自称し、ドイツ皇帝・イギリス王・フランス王その他の君主や諸国家を抑えて、教皇庁の強化と教権の拡張を計り、中世教皇権の最盛期を実現した。
(4世)[?~1254]第180代教皇。在位1243~1254。教皇権の拡大に努め、フリードリヒ2世以下、歴代の神聖ローマ皇帝と争った。
(6世)[?~1362]第199代教皇。在位1352~1362。アビニョン教皇宮廷を改革、教皇権益の回復を図った。
(10世)[1574~1655]第236代教皇。在位1644~1655。ジャンセニズムを排斥した。
(11世)[1611~1689]第240代教皇。在位1676~1689。教皇庁・修道院の改革に努め、ガリカニズムに反対し、フランス王ルイ14世による教権制限に反対して争った。