• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

チンギスハンの解説 - 小学館 デジタル大辞泉

[1162?〜1227]モンゴル帝国の創始者。在位1206〜1227。廟号 (びょうごう) は太祖。幼名、テムジン(鉄木真)。1206年、全モンゴルの部族統一してチンギス=ハンの称号を得た。西夏などを討ち、さらに西アジアのホラズム攻略して支配下に収め、南ロシアを含む大国家としたが、遠征中、陣中病死。チングス=ハン。ジンギス=カン。

[補説]「成吉思汗」とも書く。

[世界史]の言葉

[世界史の人物]の言葉

goo辞書は無料で使える辞書・辞典の検索サービスです。1999年にポータルサイト初の辞書サービスとして提供を開始しました。出版社による信頼性の高い語学辞典(国語辞書、英和辞書、和英辞書、類語辞書、四字熟語、漢字など)と多種多様な専門用語集を配信しています。すべての辞書をまとめて検索する「横断検索」と特定の辞書を検索する「個別検索」が可能です。国語辞書ではニュース記事や青空文庫での言葉の使用例が確認でき、使い方が分からない時に便利です。