• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ドビュッシーの解説 - 小学館 大辞泉

[1862~1918]フランスの作曲家。象徴主義文学などの影響を受け、印象派音楽の世界を創造。作品に管弦楽曲「牧神の午後への前奏曲」「」、オペラ「ペレアスとメリザンド」、ピアノ曲「子供の領分」など。

ドビュッシーの解説 - SOCKETS人物データベース

20世紀前半のフランスを代表する作曲家。10歳でパリ音楽院に入学、過去の和声法を無視した作品を書き評価を得るまでに時間を有したが、1884年にローマ大賞を受賞。ガムランなどアジア音楽の影響も受け、独自の作曲を行なった。代表作は「海(La Mer)」「月の光(Clair de lune)」など。
出生地
フランス
生年月日
1862年8月22日 しし座
没年月日
1918年3月25日(享年55歳)
別表記
DEBUSSY CLAUDE ACHILLE Claude Achille Debussy クロード・ドビュッシー クロード・アシル・ドビュッシー Achille-Claude Debussy Achille Claude Debussy Claude Debussy ドビッシー