1. 地球上の陸地でない部分で、全体が一続きになって塩水をたたえている所。地球表面積の4分の3を占め、約3億6000万平方キロメートル。海洋。「川が海に注ぐ」「海に浮かぶ船」⇔陸 (りく) 

  1. 陸地の中で、広くくぼんで水をたたえている場所。大きな湖沼。みずうみ。「余呉の海」

  1. ある事物が大量に集まっている所。一面に広がっていること。「血の海」「あたり一面火の海となる」

  1. 硯 (すずり) の、水をためておく所。⇔陸 (おか) 

[補説]作品名別項。→
文芸雑誌。昭和44年(1969)創刊、昭和59年(1984)終刊。海外作品を多く紹介したほか、村上春樹の評論や唐十郎の戯曲など、さまざまなジャンルの作品を掲載。
近藤啓太郎の長編小説。昭和42年(1967)刊行。のち、昭和52年(1977)に第3部を加筆した完成版が刊行された。鴨川の漁師たちの姿を描く。
愛媛県出身の歌人、石榑千亦 (いしくれちまた) の第3歌集。昭和9年(1934)刊行。
《原題、(フランス)La merドビュッシーの管弦楽曲。1903年から1905年にかけて作曲。「三つの交響的スケッチ」という副題をもつ。印象主義音楽を代表する作品の一つとして知られる。