• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ピピンの解説 - 小学館 大辞泉

(~der Mittlere, von Heristal)[?~714]ピピン2世。フランク王国アウストラシア分邦の宮宰。カロリング家の祖。ネウストリア分邦の支配権を勝ち取り、次いでブルグントの宮宰も兼ね、全王国の実権を掌握。異教徒のキリスト教化に貢献。中ピピン。
(~der Jüngere)[714~768]ピピン3世。フランク国王。在位751~768。カール=マルテルの子。カール大帝の父。短身王と称された。751年にローマ教皇の承認を得、王位に就いてカロリング朝を開いた。ラベンナ地方を教皇に献じ、教皇領の発端をつくる。小ピピン。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉