• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

マルブランシュの解説 - 小学館 大辞泉

[1638~1715]フランスの哲学者・神父。アウグスチヌス神学とデカルト哲学を結合、機会原因論を唱え、すべては、原形としての観念を神の中にもつと説いた。著「真理の探究」など。

[宗教・思想/思想・哲学の人物]カテゴリの言葉