リップスの解説 - 小学館 大辞泉

[1851~1914]ドイツの心理学者・哲学者。認識論・論理学・倫理学・美学は意識体験を確定する記述的心理学の基礎の上に築かれるべきだと主張。特に、美意識や他我認識における感情移入の意義を強調した。著「倫理学の根本問題」「心理学原論」「美学」など。

出典:青空文庫