レンブラントの解説 - 小学館 大辞泉

[1606~1669]オランダの画家。独特の明暗法によって人間の内面性・精神性を表現した。エッチング素描にもすぐれた。作「トゥルプ博士の解剖学講義」「自画像」「夜警」など。

出典:青空文庫

[美術・音楽/西洋の美術作家]カテゴリの言葉