• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

ワルラスの解説 - 小学館 大辞泉

[1834~1910]フランスの経済学者。ローザンヌ学派の始祖。限界効用理論を提示し、近代経済学の創始者の一人となった。また、この理論をもとに展開した一般均衡理論の確立により、その後の理論経済学に大きな影響を及ぼした。著「純粋経済学要論」「貨幣理論」など。