• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

万里集九の解説 - 小学館 大辞泉

[1428~?]室町中期の臨済宗の僧。近江 (おうみ) の人。相国寺の大圭宗价 (だいけいそうかい) に師事。後期五山文学の代表者。詩文集「梅花無尽蔵」など。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉