上杉謙信の解説 - 小学館 大辞泉

[1530~1578]戦国時代の武将。越後守護代長尾為景 (ながおためかげ) の子。初め景虎 (かげとら) ・政虎、のち輝虎。永禄4年(1561)上杉憲政 (のりまさ) から譲られて関東管領となり、上杉氏を名のった。謙信は法名。北条氏康 (ほうじょううじやす) と争っての小田原攻め、武田信玄との川中島の戦いなどを経て織田信長と対立したが、業半ばで病死。

上杉謙信の解説 - SOCKETS人物データベース

その他
生年月日
1530年2月18日 みずがめ座
没年月日
1578年4月19日(享年48歳)
別表記
上杉政虎 長尾景虎 上杉輝虎 不識庵謙信 うえすぎまさとら うえすぎてるとら ながおかげとら

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉

出典:gooニュース