• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊藤東涯の解説 - 小学館 大辞泉

[1670~1736]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎の長子。名は長胤。父の学説を継承、大成させた。著「古学指要」「弁疑録」「操觚字訣 (そうこじけつ) 」など。