• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

伊藤梅宇の解説 - 小学館 大辞泉

[1683~1745]江戸中期の儒学者。京都の人。仁斎の次子。名は長英。歴史・有職 (ゆうそく) 故実に詳しかった。著「見聞談叢」など。