北畠顕家の解説 - 小学館 大辞泉

[1318~1338]南北朝時代の公卿・武将。親房の長男。陸奥守 (むつのかみ) として義良 (のりなが) 親王を奉じ、奥羽に下向したが、足利尊氏の反乱により西上、尊氏を九州に追った。のち任地に帰ったが、再度上洛の尊氏と戦い、和泉で戦死。

[日本史/鎌倉・室町・安土桃山時代の人物]カテゴリの言葉