• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

叡尊の解説 - 小学館 大辞泉

[1201~1290]鎌倉中期の律宗の僧。大和の人。戒律の復興に努め、律宗の中興。貧民・病人の救済や殺生禁断に功績があり、また蒙古襲来で神風を祈願。西大寺を再興。著「感身学正記」など。興正菩薩 (こうしょうぼさつ) 。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉