大倉喜八郎の解説 - 小学館 大辞泉

[1837~1928]実業家。新潟の生まれ。江戸で乾物店・銃砲店を開業、明治6年(1873)に大倉組商会を創立。軍の御用商人として巨利を得、大倉財閥を形成した。

[日本史/明治時代以降の人物]カテゴリの言葉