• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

安禄山の解説 - 小学館 大辞泉

[705~757]中国代の武将。ソグド人。安史の乱の首謀者。玄宗皇帝に信頼されて平盧 (へいろ) ・范陽 (はんよう) ・河東の三節度使を兼任していたが、755年、反乱を起こして洛陽・長安を攻略。大燕皇帝を自称したが、子の慶緒 (けいしょ) に殺された。

[世界史/世界史の人物]カテゴリの言葉