• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

山田検校の解説 - 小学館 大辞泉

[1757~1817]江戸後期の箏曲 (そうきょく) 演奏家・作曲家。江戸の人。名は斗養一 (とよいち) 。幼時に失明して箏曲を学び、声楽本位の山田流箏曲を創始。語り物の要素の強い、江戸趣味に合った新曲を創作。作「小督 (こごう) 」「熊野 (ゆや) 」「葵の上」「長恨歌」など。