謡曲。三番目物平宗盛の愛人熊野は、東国にいる重病の母を見舞うために帰国を願うが許されず、花見の供を命ぜられる。花見の宴で、母を案じる熊野の歌をきいた宗盛は哀れを感じて帰国を許す。
箏曲 (そうきょく) 。山田流。山田検校作曲。歌詞はの後半からとったもの。
三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和34年(1959)「声」誌に発表。初演は昭和42年(1967)、堂本正樹の演出による。「近代能楽集」の作品のひとつ。

[美術・音楽/音楽作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉

出典:青空文庫

出典:gooニュース