• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

三島由紀夫による戯曲のシリーズ。能楽を近代劇に翻案した舞台作品群で、昭和25年(1950)から昭和35年(1960)にかけて、「邯鄲」「綾の鼓」「卒塔婆小町」「葵上」「班女」「道成寺」「熊野 (ゆや) 」「弱法師 (よろぼし) 」の8作品を発表。ほかに「源氏供養」という9作品目があるが、著者自身が廃曲としている。昭和31年(1956)に新潮社から刊行された同名の戯曲集の初版に「班女」までの5作品を収録。のちに増補された。