• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
謡曲。四番目物宝生 (ほうしょう) 金剛流。女御に対するかなわぬ恋に絶望して死んだ庭掃きの老人の妄執を描く。→恋重荷 (こいのおもに) 
(綾の鼓)三島由紀夫の戯曲。をモチーフとする1幕の近代劇。昭和26年(1951)「中央公論」誌に発表。昭和27年(1952)、俳優座が初演。「近代能楽集」の作品の一つ。

[演劇・映画/演劇・映画の作品]カテゴリの言葉

[演劇・映画/能・狂言の作品]カテゴリの言葉