• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像
  1. 綾と錦。

  1. 美しい衣服や紅葉などをたとえていう語。「綾錦をまとった秋の山々」

  1. コノハノリ科の紅藻。本州中部以南の静かな海の岩上にみられ、扇形に広がり、水中では白っぽい藍緑色、乾くと鮮紅色になる。