• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

川端玉章の解説 - 小学館 大辞泉

[1842~1913]日本画家。京都の生まれ。名は滝之助。円山派の中島来章 (なかじまらいしょう) に師事。のち、洋画法を高橋由一 (たかはしゆいち) に学ぶ。精緻 (せいち) な山水・花鳥画を得意とした。晩年、川端画学校を設立。