東洲斎写楽の解説 - 小学館 大辞泉

江戸後期の浮世絵師。東洲斎は号。徳島藩主蜂須賀氏のお抱え能役者といわれるが不明。役者似顔絵や相撲絵を描いたが、特に役者の個性豊かな顔を誇張的な描写で表し、大首絵に本領を発揮。現存する約140点の作品の制作期間は、寛政6年(1794)5月からの約10か月間と推定される。生没年未詳。

出典:青空文庫