• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

森浩一の解説 - 小学館 大辞泉

[1928~2013]考古学者。大阪の生まれ。同志社大教授。考古学と歴史学を結びつける古代学の見地から、古代地域文化の実証に尽力。三角縁神獣鏡の国産説を唱えたほか、陵墓に指定されている古墳を所在地名で呼ぶことを提唱するなど、古代社会の新しい見方を提示した。著作に「古墳の発掘」「巨大古墳の世紀」「地域学のすすめ」など。

森浩一の解説 - SOCKETS人物データベース

学者・教授
出生地
大阪府大阪市
生年月日
1928年7月17日 かに座
没年月日
2013年8月6日(享年85歳)