津田真道の解説 - 小学館 大辞泉

[1829~1903]法学者。美作 (みまさか) の人。名は「しんどう」「まさみち」とも。西周 (にしあまね) とともにオランダに留学。帰国後、開成所教授。明治新政府の法律整備に尽力。また、明六社同人として、啓蒙活動を行った。日本で最初の西洋法律書「泰西国法論」を刊行。

[社会/法律の人物]カテゴリの言葉