• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

浦上春琴の解説 - 小学館 大辞泉

[1779~1846]江戸後期の南画家。玉堂の長子。名は選。諸国遍歴ののち、京都に住み、頼山陽らと交わる。細緻鮮麗な山水花鳥を得意とした。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉