• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

王時敏の解説 - 小学館 大辞泉

[1592~1680]中国、末・初の画家。太倉(江蘇省)の人。字 (あざな) は遜之 (そんし) 。号は烟客 (えんかく) ・西廬 (せいろ) 老人。董其昌 (とうきしょう) に師事し、正統南宗画 (なんしゅうが) 山水画を確立した。四王呉惲 (ごうん) の一人。著「王奉常書画題跋」など。