• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

董其昌の解説 - 小学館 大辞泉

[1555~1636]中国、明代の文人・画家・書家。華亭(江蘇省)の人。字 (あざな) は玄宰。号、思白など。中国画を南宗 (なんしゅう) 画北宗画の系統に分ける南北二宗論を説き、南宗画の優位性を主張。また、行書にすぐれた。著「画禅室随筆」など。

[美術・音楽/日本・東洋の美術作家]カテゴリの言葉