• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

中国絵画の系統の一。明代に董其昌 (とうきしょう) らが南宗画に対して唱えたもので、唐の李思訓を祖とし、宋の馬遠夏珪 (かけい) らを経て明代の浙派 (せっぱ) に至る職業画家の、山水画を主とする様式をいう。力強い描線が特色。日本の室町以後の水墨画に大きな影響を与えた。北画。

[美術・音楽/日本・東洋の美術]カテゴリの言葉