• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

笹川繁蔵の解説 - 小学館 大辞泉

[1810~1847]江戸後期の博徒 (ばくと) 。下総 (しもうさ) 国香取郡の人。生家の笹川河岸付近を縄張りとした。飯岡助五郎と勢力争いをして大利根川原で決闘、のちに暗殺された。講談・浪曲「天保水滸伝 (てんぽうすいこでん) 」に登場する。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉