• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

賀茂真淵の解説 - 小学館 大辞泉

[1697~1769]江戸中期の国学者・歌人。遠江 (とおとうみ) の人。岡部氏。号、県居 (あがたい) 。荷田春満 (かだのあずままろ) に学び、国学四大人の一人といわれる。田安宗武に仕え、広く古典を研究し、復古主義を唱えた。門人に本居宣長らがいる。著「万葉考」「祝詞考」「冠辞考」「歌意考」「国意考」「賀茂翁家集」など。

[補説]門人は県門 (けんもん) と称される。→県門の三才女県門の四天王

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉