• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

赤瀬川隼の解説 - 小学館 大辞泉

[1931~2015]小説家。三重の生まれ。本名、隼彦 (はやひこ) 。小説家・美術家である赤瀬川原平 (げんぺい) の兄。銀行員などを経て作家活動に入る。「白球残映」で直木賞受賞。特に野球小説に健筆をふるう。他に「球は転々宇宙間」「潮もかなひぬ」「ホモ・アピアランス」など。

赤瀬川隼の解説 - SOCKETS人物データベース

作家・脚本・エッセイスト
出生地
三重県
生年月日
1931年11月5日 さそり座
没年月日
2015年1月26日(享年83歳)
別表記
赤瀬川隼彦

[文学/明治以降の作家・文学者]カテゴリの言葉