• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

道入の解説 - 小学館 大辞泉

[1599~1656]江戸初期の陶工。京都の人。楽 (らく) 家の3代目。名は吉兵衛、のち吉左衛門。剃髪 (ていはつ) 後、道入と称した。俗称、のんこう。楽焼に新生面を開き、屈指の名手といわれる。名物茶碗「のんこう七種」は有名。