道元の解説 - 小学館 大辞泉

[1200~1253]鎌倉前期の禅僧。京都の人。日本曹洞宗の開祖。内大臣久我通親の子。諱 (いみな) は希玄。比叡山で修学し、のち入宋して天童如浄の法を嗣 (つ) いだ。帰国後、建仁寺に住し、京都に興聖寺を、さらに波多野義重の請により越前永平寺を開いた。勅諡号 (ちょくしごう) 、仏性伝東国師・承陽大師。著「正法眼蔵 (しょうぼうげんぞう) 」「普勧坐禅儀」「学道用心集」など。

出典:青空文庫