京都市東山区にある臨済宗建仁寺派の大本山。山号は東山。開創は建仁2年(1202)、開基は源頼家、開山は栄西京都五山の第三位。初め天台真言の兼学。方丈や塔頭 (たっちゅう) の襖絵 (ふすまえ) には海北友松 (かいほうゆうしょう) の作が多い。俵屋宗達筆の風神雷神図屏風 (びょうぶ) は国宝、勅使門・方丈・竹林七賢図などは重文。
建仁寺垣」の略。