• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

栄西の解説 - 小学館 大辞泉

[1141~1215]平安末・鎌倉初期の僧。備中 (びっちゅう) の人。字 (あざな) は明庵。日本臨済宗の祖。はじめ比叡山で天台密教を学んだ。二度宋 (そう) に渡ってを学び、帰国後、博多に聖福寺、京都に建仁寺、鎌倉に寿福寺を建立。また、宋から茶の種を持ち帰り、栽培法を広めた。著「興禅護国論」「喫茶養生記」など。千光国師。葉上房。ようさい。

[宗教・思想/仏教・儒教・ヒンズー教などの人物]カテゴリの言葉