• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

俵屋宗達の解説 - 小学館 大辞泉

桃山から江戸初期にかけての画家。俵屋は家号。伊年・対青軒の印を用いた。宗達光琳 (こうりん) 派、いわゆる琳派の祖。京都の上層町衆の出身とみられ、本阿弥光悦書の和歌巻の金銀泥下絵を描き、また扇面画や色紙絵などに大和絵の伝統を新解釈した斬新 (ざんしん) な装飾的画法を示し、水墨画にも新風を吹き込んだ。「風神雷神図」など屏風 (びょうぶ) の大作も多い。生没年未詳。