• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

本阿弥光悦の解説 - 小学館 大辞泉

[1558~1637]桃山時代から江戸初期の芸術家。京都の人。号、太虚庵・自得斎など。刀剣鑑定の名家である本阿弥家の分家に生まれる。書・陶芸・漆芸などにすぐれ、元和元年(1615)徳川家康より洛北の鷹ヶ峰の地を賜り、芸術村を営んだ。書は寛永の三筆の一人で、光悦流の始祖。陶芸・漆芸でも光悦楽焼光悦蒔絵 (まきえ) の創始者として一家をなした。