[名](スル)家族の一員が、その所属していた家から分かれて新しく一家を構えること。また、その家。民法旧規定では、本家に従属する関係にあったが、現在は法律的意味はない。別家。「土地をもらって分家する」⇔本家
[補説]書名別項。→分家

伊藤左千夫による自伝的小説。著者唯一の長編小説で、明治44年(1911)3~7月に正編、明治45年(1912)3~7月に続編を、いずれも「東京日日新聞」に連載。九十九里の農村を舞台に、農家の次男の青年が苦難の末、村の中での立場を築き上げる姿を描く。

出典:青空文庫