• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

志賀直哉の長編小説。大正10~昭和12年(1921~1937)まで断続的に発表。不義の子として生まれた時任謙作 (ときとうけんさく) が、結婚後、妻の過失という不幸を背負いながら、心の調和と平安を見いだしていく過程を描く。

[文学/明治以降の作品]カテゴリの言葉