• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

長井雅楽の解説 - 小学館 大辞泉

[1819~1863]江戸末期の長州藩士。名は時庸 (ときつね) 。開国・公武合体を建言して藩是として採用されたが、尊攘派の台頭により失脚、切腹を命ぜられた。

[日本史/江戸時代の人物]カテゴリの言葉