• 意味
  • 例文
  • 慣用句
  • 画像

雨森芳洲の解説 - 小学館 大辞泉

[1668~1755]江戸中期の儒学者。近江 (おうみ) の人。名は俊良、字 (あざな) は伯陽。朝鮮語・中国語をよくし、対馬 (つしま) 藩に仕えて文教・外交に活躍。著「橘窓文集」「たわれ草」など。